コンプライアンスとは

企業法務を整備するうえで、コンプライアンスの徹底を実施することが大切です。
コンプライアンスとは、法令遵守と言う難しい日本語が当たられますが、簡単に言うと、会社に関係する法律を守ることで、迷惑行為はしないということです。

このような事は、大人として社会人としては当然の事ですが、最近の企業を取り巻く環境では、ちょっとしたミスなどがきっかけで、会社の損失にかかわる大事件になることも多くなっています。
大企業の不祥事として大きく取り上げられるとともに、倒産に陥るケースも少なくありません。

経営陣にしてみれば、そのようなことが起こらないよう企業法務の提起とともに、改めてコンプライアンスを社員教育の一環として行うことが大切だと感じられているようです。
事件に発展しかねる小さなことであっても、会社は一つの小さな社会であり、コンプライアンスを徹底することの意義を、企業法務として掲げる経営者は多くいます。

ここにきて、会社に必要とされる法律の数々と言っても、その内容は千差万別です。
専門分野であることから、法務部の設置や顧問弁護士の存在が大きくクローズアップされていると言えるでしょう。
法律の上に社会が成り立ち、会社関係の法律を良く知る事、それを一人ひとりが守り通すこと、それが会社の利益につながっていくとされています。

コンプライアンスと言う言葉で言うと小難しい感じですが、決まりを守って大人対応をしましょうということになり、企業法務の要とも言うべきものです。

Copyright © 2014 コンプライアンスについて All Rights Reserved.